あっかぎのページ

資産チェックに無料で使えるマネーフォワードが便利だった話

株とか投資信託の投資をしていると、銀行とか証券会社の口座が増えて資産チェックが大変ですよね。そんな時に見つけたのがマネーフォワードです。今回は「マネーフォワードで簡単に資産チェックができるよ」というお話です。

マネーフォワードは無料で資産チェックができる

マネーフォワードは「自動の家計簿アプリ」と銘打って、無料で簡単に家計簿がつけれるアプリです。PCとスマホのどちらでも操作ができるのも特徴です。

マネーフォワードは、銀行やクレジットカードと連携することで、収支計算や資産管理が自動でできます。さらに、証券会社やFXなども連携できるので、この機能を利用することで資産チェックが簡単にできます。

例えば、ぼくの場合は次の画像の金融機関と連携してみました(各画像はクリックで拡大します)。

  • ジャパンネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • SBI証券
  • 投信の窓口
  • マネックス証券
  • coincheck
  • 楽天カード

投資も仕事と同じように見える化しておくことで、効率upや分析がしやすくなります。ところが、扱う投資対象が増えてくると、金融機関が増えて資産管理が大変になってくるのではないでしょうか。(ぼくの場合は銀行3つ、証券会社3つ、仮想通貨取引所1つ、クレジットカード1つ) ※仮想通貨のお話も近いうちにしようと思います。

ここでマネーフォワードの登場です。マネーフォワード上で各金融機関のログインIDやパスワードなどを入力すれば、各金融機関の預金残高や証券、カードの使用履歴データを自動取得してくれます。さらに、これを現金や株などと分類した上で、次の画像のように資産状況をグラフと表で表してくれます。

ぼくはログインや記録の手間が面倒なので、今まではプログラムを組んで自分で同じような資産チェックをしていました。ところが、マネーフォワードを利用すれば、プログラムの知識がなくても、簡単に資産チェックができることを発見したので、今回記事にしました。

マネーフォワードのメリット・デメリット

マネーフォワードはもともとは家計簿アプリで、家計簿をつけて日々の収支を見える化して「より賢く家計をまわしましょう」というのが目的です。これにいろんな金融機関が連携できることを知ったので、「資産チェックができそう」と思い立って実際に使ってみたのが今回のお話です。

ぼくは面倒くさがりなので、これでも家計簿をつけるつもりはありませんが、資産管理や資産チェックに使えばかなり便利だと思いました。特に、株や証券などは値動きが大きいので、ある程度資産状況を把握しておくことが大切です。ただ、金融機関が増えてくるとこの把握作業を手作業でやるだけでも大変です。そこで、今回紹介したマネーフォワードを資産チェックに利用するというのも面白いのではないいでしょうか。

最後に、マネーフォワードのメリットとデメリットをまとめて、今回のお話を終わりたいと思います。

メリット

  • 無料で家計簿・資産チェックが簡単にできる
  • スマホならレシートを撮影すると自動で家計簿をつけてくれる

マネーフォワードは日々の家計簿を簡単につけれるのがおすすめポイントですし、今回紹介した資産チェックにも活用できます。2つ目は今回紹介していませんが、こまめに家計簿をつけるときはすごく便利な機能だと思います。

デメリット

  • 金融機関のIDやパスワードなどのセキュリティ面が心配
  • 普段の家計簿と資産チェックは別にした方がいい

1つ目は金融機関と連携するにはIDやパスワードが必要です。ところが万が一、マネーフォワードから個人情報が流出すると自分の口座が悪用される可能性があるかもしれません。おそらくIDなどのデータは暗号化していると思いますが、マネーフォワードから各金融機関の情報を取得できるということは、IDやパスワードが漏れてしまったら自分の資産や個人情報が盗まれてしまう可能性が0ではないということです。

2つ目は、日々の家計簿として使いたいときは、株や証券などの大きな資産とは連携しない方がよさそうです。というのは、毎月の収入や支出を自動で計算してくれるのですが、日々のスーパー買い物数千円や給料などが株や証券の価格変動が大きすぎて隠れてしまうからです。「日々の家計を細かく記録する」というのと「株や証券などの大きな資産を管理する」というのは現時点では区別していないようなので、この点にも注意が必要です。

まとめ

普段はプログラムを動かして、下の画像のような資産チェックをしています。自作プログラムだと自分で好きなようにデータを加工できるのがメリットですが、金融機関のUI変更やお知らせなどに応じてプログラムを変更しないといけないのが手間でした。

そんな時にたまたま知ったのが今回のマネーフォワードです。マネーフォワードはたくさんの人が利用するので、金融機関側の変更にも即時に対応してくれると思います。金融情報のセキュリティ面に不安が残りますが、資産チェックの自作プログラムと並行してしばらく使ってみようと思います。