あっかぎのページ

Google Tag Managerでリンクやクリック数がわかって便利

20150903_4

「Google Tag Managerを使うとリンクやクリック数がわかって便利ですよ」というお話。

前置き

最近、アフィリエイトのために作った格安SIMのページのページで「WordPressの解析データとアフィリエイトの登録サイトの数字が合わない。どういうこと?」ということが発生していました。

これを受けて「Google Analyticsではどうなってるかな?」と調べようとしたら「リンクをクリックしたデータがきちんと残っていないじゃありませんか!」。これは大変!!

Google Analyticsでリンクのクリックを確認したい

WordPressのJetpackの『サイト統計情報』のように、Google Analyticsでもクリックの情報を残すというのが今回の主旨です。

ちなみに、WordPressのJetpackを使うとこんな感じでクリック数がチェックできます(画像は拡大できます)。

20150903_3

ただ、WordPressのJetpackだと今日と昨日のデータしか確認できないので少し不便です。

Google Analyticsで同じようなことができないかといろいろ調べてみると、Google Tag Managerを使うと同じようなことができることを発見しました。他にも、リンクごとにga('send', 'event'...)を埋め込む方法やjQueryを使う方法がありましたが、今後の主流を考えるとGoogle Tag Managerがいい気がします。

Google Tag Manager

20150903_4

Google Tag Managerはその名前のとおり、Googleが提供するGoogle AnalyticsやGoogle Adwordsなどのサービスをまとめて管理できるツールです。今回はこれを利用して、リンクのカウント数をチェックできるようにします。

設定の流れはこんな感じです。

  1. Google Tag Managerのアカウント取得
  2. 自分のサイトに直後にスクリプトを貼り付け
  3. 「変数」→「Click URL」と「Click Text」をチェックして保存
  4. 「トリガー」の設定。イベント「クリック」で「url」が「正規表現に一致」「.*」
  5. 「タグ」にて「Google Analytics」の「トラッキングID」と連携
  6. 「タグ」の「タグを設定」でアクションを「{{Click URL}}」ラベル「{{Click URL}}{{Click Text}}」を設定
  7. 「タグ」の「配信するタイミング」で「All Pages」と先ほど設定したトリガーを選択
  8. Google Analyticsの画面でイベントが発生(リンクのクリック取得)していることを確認

20150903_2
(タグの設定画面)(拡大できます)

設定が終わると、Google Analyticsの画面で「リアルタイム」→「イベント」画面を開きます。自分のページで実際に何かクリックしてみて、クリックが取得できていることが確認できれば設定完了です。こんな感じでリンクのクリックがイベントとして取得できます。

20150903_1
(Google Analyticsの画面)(拡大できます)

一度設定できれば、今後はGoogle Analyticsの画面の「行動」→「イベント」から「サマリー」や「ページ」などからデータを確認できるようになります。

Google Tag Managerの設定方法は下記のページをご参照ください(2015年6月頃にUIが変更されたので、できるだけ新しい情報をチェックしてみてください)。

Google Tag Manegarなら一度Webサイトにスクリプトを貼り付ければ、それ以後はGoogle Tag Managerの管理画面上から設定を変更できるのでとても便利です。もとのサイトのソースを変更しなくて済むので、管理の手間も省けますね。

おわりに

Google Tag Managerを使えば、簡単にリンクを取得できるようになります。「外部のリンクのみ取得」やclassやidごとに設定を変えたりもできるので、Google Analyticsでより細かくデータを取りたいときには、Google Tag Managerがおすすめです。