あっかぎのページ

キラークリムゾンに行く準備をがんばる

20150827_1

キラークリムゾンにいく準備をがんばる回です。

キラークリムゾン

バージョン3.1で登場した「キラークリムゾン」。めちゃくちゃ強くて開幕5秒で瞬殺されることも日常茶飯事です。そんな強敵を討伐した人が現れ出したので、ぼくも「いつでも行けるように準備だけはしっかりしておきたいな」ということで事前準備をしようというお話です。

今のところ討伐実績のあるPT構成は

  • 戦士・スパ・スパ・僧侶
  • パラ・パラ・スパ・僧侶
  • パラ・パラ・魔法・僧侶

という感じみたいです。僧侶が固定で残りは戦士・スパ・パラ・魔法の組み合わせという感じでしょうか。今後もおそらく他の職業は入る余地がほとんどなさそうです。スパは魔やバトと違って死んでもすぐに火力が出せるので、即死が多いボスとは相性がいいですね。

一部批判に「スパはゴールドに頼るからダメ」というのがありますが、戦闘中はせかいじゅのしずく(僧侶ですら)やエルフの飲み薬も頻繁に使うので、ゴールドシャワーよりもそっちの方がお金がかかるくらいゴールドがかかるので、この批判は若干的外れな気がします。

こちらがアストルティアで最初に討伐した英雄”のぜ”さんです(戦士・スパ・スパ・僧侶)。

そして、こちらはキラークリムゾンを討伐した人の動画です。おそらくアストルティアで2番目に討伐した人だと思いますが、動画で見れるのがすばらしいですね。(パラ・パラ・スパ・僧侶)

ドラクエ10 キラークリムゾン討伐 前半

ドラクエ10 キラークリムゾン討伐 後半

こちらは戦士・スパ・スパ・僧侶の動画

これらの動画を参考にさせてもらいながら、キラークリムゾンの行動をまとめてみました。

行動 ダメージ 範囲 その他
通常攻撃 600 ターゲット
きりかかる 500×3 ターゲット
シャイニングボウ 400×2 前方 光属性
つうこんのいちげき 1500 ターゲット
グランドインパクト 1500 敵中心に範囲 土属性、転び
リモートリペア もう一方を蘇生、怒り時なし

キラーマジンガと違って、シャイニングボウやグランドインパクの動作が早いので、見てから避けるのは難しそうです。さらに、怒りで1.25倍にダメージが大きくなります(通常&きりかかる)。怒り/非怒り状態どちらでも攻撃の種類は変わりませんので、怒り/非怒りで攻撃の種類を絞ることはできなさそうです(リモートリペア除く)。

動画を見ているとどうやら3回行動で、3回目の行動をとったら少しだけ次の行動をするまで休憩時間があります。ただ、その休憩時間も非常に短いので、ほとんど常に何か攻撃をしてくる感じになります。

戦略・立ち回り

パラ構成と戦士構成で若干動きが変わってきます。ただ、共通しているのが、5人目要因として外部の応援がかなりキーポイントになりそうです。特にレンジャーorどうぐ使いで応援すると”ひっさつ”がチャージされやすいので、5人目としてレンジャーorどうぐ使いに応援してもらうのも攻略のカギになりそうです。

キラークリムゾンは不意をとれるので、接触段階で後ろからぶつかるのが重要です。逆に、的に不意を取られる人がいれば、即全滅してやり直すのが賢明です。不意を取れるとかなり有利に進めれますので(開幕にひっさつ出ればなおラッキー)、まずは基本戦略となりそうです。

リモートリペアがありますので、両方に同じような感じでダメージを与えていく必要があります。できればスパor魔法は2匹同時にダメージが取れる位置で攻撃をする必要があります(片方だけ赤くなるとダメージ調整必要)。グランドインパクトをくらわずに、こちらが攻撃できる距離があるのでそこが基本の距離となりそうです。

どの構成でもキラークリムゾンの怒りをとって(パラディンガードorモンスターゾーン)ターゲットを集中させて、他のメンバーが安全なところで行動する感じです。バージョン3.1からこのどちらのひっさつ技も敵が怒りになりますが、ダメージup効果はありませんので、効果切れのロストアタックも不要になりました。さらに、パラディンの証の盾Gやモンスターゾーンに攻撃をすると敵がマヒするので、怒りをとれるとかなりの確率で敵をマヒにもっていけます(10秒間)。

グランドインパクト(1500ダメージ)が土属性、シャイニングボウ(400ダメージ×2)が光属性なので、どちらかの耐性を上げておくことで即死せずに済みます。主流は光属性で80%くらいまで耐性を積んでおけば、シャイニングボウのダメージを80×2程度に抑えることができます。

だれかが死ぬと僧侶以外がはっぱで生き返らせるのが重要で、さらに状況に応じてせかいじゅのしずくをためらわずに使える意識も大切です。

最後に、戦闘が20分近くになるので集中力が大切です。1ミスで命取りの戦闘なので、連戦で疲れてくると集中力も切れてしまいます。事前の打ち合わせで、全滅回数や時間などを決めておいて区切りをつけて挑戦するのがおすすめです。

さらに裏技的に迷宮のミネアで「審判」カード

魔法の迷宮でミネアのカードで「審判」を引けば、ロザリオ効果が50%で発動します(即死系攻撃を受けた際50%の確率でHP1の状態で生き残る)。事前準備としてはかなり優秀ですが、再現性が低いのと準備に非常に時間がかかります。余裕がある人の裏技的な感じな位置づけで、どうしてもという場合は挑戦してもいいかもしれません。

戦士構成

真やいばくだきで火力を半減させて戦う方法です。さらにチャージタックルのショックとやいばくだきでダメージを軽減させながら、スパでダメージをとっていく戦略です。だいたい15分程度で倒せるようです。

戦士 → 真やいばくだき、チャージタックル、やいばくだき、たいあたり、ビッグシールド、会心G
スパ → ボディーガード、ゴールドシャワー、ビッグシールド、会心G
僧侶 → 聖女、天使の守り、ザオラル、聖なる祈り、ベホマラー、スクルト
全員 → せかいじゅのしずく、せかいじゅの葉、エルフの飲み薬、

真やいばくだきが入るとスパの耐久力がかなりupします。たまに外れますので、外れたときはチャージタックルや体当たりで時間を稼ぐのも大切。できればやいばくだきでヘナトス2段階を維持しておければ、痛恨の一撃以外のダメージを20%カットできるので、がんばってヘナトス維持したいところです。

スパはボディガを維持しつつ、グランドインパクトの範囲外で行動します。シャイニングボウもタイミングが合えば回り込んで避けたいです。ひっさつで怒りをとると2匹にタゲられるので、ボディーガード状態でも死ぬ可能性がかなり高まります。ひっさつを使うのにも状況判断が必要になりそうです。

僧侶は天使と聖女を優先したいところです。聖なる祈りをする余裕がほとんどないので、ラクリマタクトやエンシェントタクト、宝珠の”不滅の回復呪文強化”や”復讐の聖なる祈り”で聖なる祈りのターンをできるだけ省略したいところです。状況に応じてはベホマラーではなく、せかいじゅのしずくを使う判断も迫られるので通常の戦闘以上に優先順位の判断が難しいです。また、キラークリムゾンの攻撃はすべて打撃系なので、余裕ができればスクルトもありかもしれません(スクルト1回につき約20ダメージ減)。

余裕があれば愛のマカロンやラブチョコでスパのテンションを上げてゴールドシャワーのダメージupを期待する感じです。さらに余裕があれば、ティンクルバトンでテンションupを狙いたいですが、PTの生存が最優先となるので、臨機応変の対応が迫られそうです。

個人的にはこちらの戦士・スパ・スパ・僧侶がいいんじゃないかと思っています。

パラ構成

パラ構成はパラディンのひっさつ『パラディンガード』頼みの戦略です。パラディンガードで敵のタゲを1人でとりつつ、他のメンバーが攻撃や準備をする方法です。

パラ → パラディンガード、大ぼうぎょ、ファランクス、聖騎士の堅陣、スタンショット、ビッグシールド、会心G
スパ → 戦士構成と同じ
僧侶 → 戦士構成と同じ
全員 → 戦士構成と同じ

パラディンガードでタゲをとりつつ(20秒)、パラディンガード中に守りの準備をします。特に、バージョン3.1から大ぼうぎょが強化されたので、ファランクス + 大ぼうぎょでダメージを100%カットできます。パラディンガードでタゲをとりつつファランクスのCT(チャージタイム)が噛み合えば、ファランクスして大ぼうぎょでパラディンガードが切れたあともタゲをとって無敵状態を維持したいところです。

2人いるパラディンで交互にパラディンガードでうまくタゲがとれている場合は、他のメンバーに余裕ができているのでこの間にいろいろと戦況を整えたいところです。

戦士構成のスパ2と違って火力がスパ1人なので、20~30分近く戦闘が続くので、集中力の維持もかなり重要になってきます。戦士構成以上に必殺に左右されるので、外部応援も重要になります。

装備・どうぐ・宝珠

対キラークリムゾン用の装備やどうぐをまとめてみました。

共通(カッコはできれば)

  • どうぐ:せかいじゅの葉 99個
  • どうぐ:せかいじゅのしずく 99個
  • どうぐ:エルフの飲み薬 20個
  • どうぐ:(愛のマカロン)
  • どうぐ:(ラブチョコ)
  • アクセ:竜おま光26%、
  • 料理:ライトタルト☆3(光19%)
  • 宝珠炎:(先見の眼,鉄壁の光耐性,不屈の闘志,逆境のみかわしアップ)
  • 宝珠水:(ヘナトスの盾)
  • 宝珠風:(打たれ名人,鉄壁の会心完全ガード,復讐のテンションアップ)
  • 宝珠光:
  • 宝珠闇:

普段はせかいじゅのしずくやエルフの飲み薬を使わないので忘れがちですが、必須なので必ず準備しておきます。ゴールドシャワーよりもこっちの方がお金がかかりますw 竜おまは29%が理想ですが、なければ光埋めでもいいと思います(1%あたりシャイニングボウの4ダメージ×2=8ダメージ軽減)。

宝珠はどれも必須ではありませんが、キラークリムゾンに挑戦するくらいの人なら持っておきたいところです(鉄壁の光耐性は試練のみ入手可?)。味方がしょっちゅう死んでしまうので、復讐の〇〇系や不滅の〇〇系もここでは活躍しそうです。

戦士・パラ

  • 武器:片手orハンマー
  • 盾:光14%以上
  • 体上:光14%以上
  • 足:転びG100%
  • 宝珠光:真・やいばくだきの技工,果てなきパラディンガード,パラディンガードの閃き
  • 宝珠闇:スタンショットの技工

光耐性と転びGが必須で、他は優先順位が下がります。武器や腕にヘナトスがあればなおOKでしょう。基本は片手武器+盾なので、自分がダメージを与えるよりもPTが生き残るのを最重視したいところです。

光耐性が76%(14%+14%+29%+19%)くらいになるとシャイニングボウで100×2くらいのダメージなので、聖女ラインを維持しつつ生き残れます。装備で14%よりも大きい耐性は1,000万クラスになってきますので、超お金持ち以外は14%くらいが妥当なラインだと思います(実際、14%装備で討伐している人もいます)。

パラディンの場合はひっさつ頼みになりますので、入手が難しいですがパラディンガードの宝珠は持っておきたいところです。

スーパースター

  • 武器:スティックor素手or扇
  • 盾:光14%以上
  • 体上:光14%以上
  • 足:転びG100%
  • 宝珠光:果てなきモンスターゾーン,モンスターゾーンの閃き

スーパースターは攻撃がゴールドシャワー、守りがボディーガードが基本となります。なので、武器はなんでもよさそうですが

  • スティック → ティンクルでテンションup
  • 素手 → みかわり率4%up
  • 扇 → みとれ&幻惑期待

個人的には素手(格闘)をおすすめしたいです。というのは、スティックのテンションupはアイテムで代用可能、扇の”みとれ”はキラークリムゾンで見たことがないのと、幻惑はほぼ入らないからです。素手(格闘)のみかわし4%は常時効果がありますので、多段攻撃の多いキラークリムゾンで少しでも生存能力をupするのがいいと思います。

宝珠もできればモンスターゾーン系(特に果てなきモンスターゾーン)はあるとないのとでは全然ひっさつの回数が変わってきますので、欲しいところです。

スーパースターはHP優先もあり

上は光耐性重視の装備ですが、ボディーガードの耐久力upのためにHPで固める装備・料理もありかもしれません。ボディーガードの耐久力は

  • 黒服 → 自分と同じHP
  • 白服 → 自分のHP×2倍
  • 金服 → 自分のHP×4倍

このような設定ですので、竜おまのかわりに竜玉でHP40と料理HP30にすることでボディーガードのHP70分の耐久力がupします。ボディーガードには耐性は無効なので、いくら耐性を積んでも黒服の場合はほとんどの攻撃を1回受けると退場します。この時HPを優先しておくことで(HP600超え)、戦士構成でヘナトスが2回入っていると、通常攻撃やきりきざみをボディーガードのダメージを600以下におさえこんで、1回分の攻撃を耐えられるようになります。ところが、光耐性優先の場合はHP550くらいなので、ボディーガードが1撃退場する場合が多くなってしまいます。

この時、HP優先の場合は耐性が盾14%+体上14%=28%なので、シャイニングボウのダメージが288×2=576ダメージとなります。これは乱数次第では致死量なので判断が難しいところです。竜玉か料理を耐性upにすれば確実に耐えるダメージになりますが、今度はボディガードの維持の生存ラインすれすれになります。ヘナトスが入っている前提の場合には20%ダメージカットで460ダメージくらいになりますので、これだとHP全快ならほぼ生き残れます(でも、怒り時は死亡)。

個人的には、スーパースターはボディーガード状態の方が長いので、HPを優先してボディーガードの耐久力upの方をおすすめしたいと思います。

僧侶

  • 武器:エンシェントタクト
  • 盾:光14%以上
  • 聖賢者シリーズ装備
  • 体上:光14%以上
  • 足:転びG100%
  • 宝珠炎:不滅の回復呪文強化
  • 宝珠水:ベホマラーの奇跡
  • 宝珠風:復讐の聖なる祈り,ベホマラーの瞬き,果てなき回復呪文威力アップ

僧侶は便利な宝珠もたくさんあるので、全部揃えるのは大変です。すべてを揃える必要はありませんが、できれば聖賢者シリーズ装備にしたいところです。聖賢者で揃えておけば、他の職業に比べて+20%光耐性がupしますので、お金をかければ100%の耐性も狙うことができます。ザオしにいったときにシャイニングボウに巻き込まれても無効化できるのは大きいです。

エンシェントタクトはバージョン3.1で追加された新装備で、性能的にはおそらくこれから2年くらい使えそうな優秀な武器です。開幕50%で祈り+祈りが5秒追加の効果がありますので、ほぼ必須武器だと思います。

宝珠は仲間や自分が死にやすいので、不滅の回復呪文強化や復讐の聖なる祈りがあればかなり戦闘が楽になると思います(入手が難しいですが)。ベホマラーの宝珠は頻度と効果を考えれば、それほど重要ではなくて「あればいいかな」程度だと思います。

普段は聖女や回復で死ににくい僧侶ですが、キラークリムゾンでは一番死にやすい職業だと思いますので、普段と違った動きが要求されて難しいと思います。

あっかぎの場合

20150827_2

旅芸人用にかなりいいレイブン装備がありますので、それをベースにスーパースターで行ける準備をしたいと思います。

  • 武器:素手
  • 盾:光14% + 転び90%
  • 頭:HP26
  • 【体上:光14%】 300万G
  • 体下:かいふく魔力45
  • 腕:会心4.7%
  • 足:みかわし4.7%
  • 【顔:アクセルギア】
  • 首:ぎんのロザリオ25%
  • 指:ちからのゆびわHP2
  • 胸:アヌビスアンクHP21
  • 腰:ハイドラHP19
  • 札:HP12
  • 【他:竜おま29%】or 竜玉HP40
  • 宝珠炎:先見の眼,【鉄壁の光耐性】,不屈の闘志,逆境のみかわしアップ,【鉄壁の転びガード】
  • 宝珠水:ヘナトスの盾
  • 宝珠風:打たれ名人,鉄壁の会心完全ガード,復讐のテンションアップ
  • 宝珠光:モンスターゾーンの閃き,【果てなきモンスターゾーン】
  • 宝珠闇:
  • 【どうぐ:せかいじゅのしずく99個】 1個1.7万G => 168万G
  • どうぐ:せかいじゅの葉 99個
  • 【どうぐ:エルフの飲み薬 20個】 1個2万G => 40万G
  • どうぐ:愛のマカロン 9個
  • どうぐ:ラブチョコ 10個
  • 【料理:ライトタルト☆3】 6万G or バランスパスタ☆3
  • 【いっしょに行くフレ:プライスレス】

この中で【カッコ】の物が準備まだなので、順番に揃えていきたいと思います。

かなり守備よりの装備で

みかわし率

レイブンセット3% + 足4.7% + 素手4 + すばやさ4.5% + 宝珠1% = 17.2%

さらに盾G

ルフ4.4% + 盾スキル5% = 9.4%

で両方で25%近く攻撃を無効にできるので、ロザリオの25%と合わせて死ににくくなっています。ボディーガードには無効ですし、それでもすぐに死ぬぐらいにキラークリムゾンは強いですがw

全部そろえるためには、体上300万G + しずく168万G + 飲み薬40万G + タルト6万G = 512万Gと、アクセルギアがこれからなので『ターン消費しない1.5%×3』が300回(600体分)でコイン75枚(4万G*75)=300万Gと合わせて800万G。さらに戦闘中になくなるゴールドも1回につき20万Gと考えて、20戦闘くらい試行錯誤すると想定して400万G。

これ全部合計すると512+800+400=1712万Gと結構な金額になる模様・・・

金策をがんばらないと、これはなかなかしんどい目標になりそうです(^^;

おわりに

自分でクリアしていないのにいろいろと書きましたが、戦略はそれほど間違っていないと思います。

ひさしぶりにモチベーションとなる目標ができたので、少しずつ準備してやっていきたいなと考えています。