あっかぎのページ

皮の装備シリーズがおすすめ

20150801_1

最近「皮の装備シリーズがいいな」と思うようになってきました。※今回は文章ばっかりなので苦手な人はパスしてね。

このご時世、騎神や退魔・黄龍などがいいのはもちろんですが、「皮の装備シリーズも意外といける」と思い始めました。今回はそう思った理由を紹介していきます。

皮の装備シリーズ

まず皮の装備シリーズの一覧です。

Lv ませ まも HP MP 守備 攻魔 回魔 すば きよ おしゃ 重さ 効果
皮のぼうし 1 × × × 3 1 4
皮のよろい 1 × × × 4 1 8
皮のズボン 1 × × × 2 1 5
皮のてぶくろ 1 × × × 1 3 1 2
皮のくつ 1 × × × 1 3 1 2
合計 1 × × × 11 3 3 5 21

皮の装備シリーズの特徴は2つです。

  • 安い
  • 装備できる職業が多い(12職/15職中)

ドラクエ10の世界では装備の中でこの2つの要素はとても大切です。

最近の装備は値段が高く、きちんとした装備をそろえようとすると1か所で200万Gとかかかります。全身きちんとそろえようとすると1,000万G超えのびっくり価格です。それに対して皮装備は100万Gあれば一式揃うと思います。

さらに、ドラクエ10の装備枠問題で泣いた人は多いと思いますが、皮の装備は装備できる職業が多いので、装備枠を圧迫しません。

他の装備と比較してみる

皮の装備と比較するために、他の装備シリーズと比較してみます。

無法者シリーズ

まずは着回し装備として定評のある無法者シリーズです。

Lv ませ まも HP MP 守備 攻魔 回魔 すば きよ おしゃ 重さ 効果
無法者のバンダナ 50 × × × × × × × × × 25 3 2
無法者のベスト 50 × × × × × × × × × 36 5 4
無法者のズボン 50 × × × × × × × × × 18 3 3
無法者のうでわ 50 × × × × × × × × × 7 26 2 1
無法者のブーツ 50 × × × × × × × × × 7 30 2 2
セット効果 50 × × × × × × × × × 8 10
合計 50 × × × × × × × × × 93 38 26 25 12

騎神シリーズ

重鎧装備の最高峰の騎神シリーズです。

Lv ませ まも HP MP 守備 攻魔 回魔 すば きよ おしゃ 重さ 効果
騎神のかぶと 80 × × × × × × × × × × × × × 48 16 23
騎神のよろい上 80 × × × × × × × × × × × × × 70 23 45
なし
騎神のグローブ 80 × × × × × × × × × × × × × 16 36 6 15
騎神のブリーブ 80 × × × × × × × × × × × × × 16 36 6 19
セット効果 80 × × × × × × × × × × × × × 10 48 30 18 呪耐5%、開戦時ヘビチャ10%
合計 80 × × × × × × × × × × × × × 10 150 36 36 81 120 呪耐5%、開戦時ヘビチャ10%

無法者シリーズで6職業、騎神シリーズでは2職業が着まわせることがわかります。性能の比較では

皮シリーズ 11
無法者シリーズ 93
騎神シリーズ 150

皮シリーズと無法者シリーズでは、守備力の差が82、騎神シリーズとでは139もあります(体下が入るとさらに)。皮シリーズの圧倒的な完敗です。これをダメージに換算すると

ダメージ = ( 攻撃力 ÷ 2 ) - ( 守備力 ÷ 4 )

このようなダメージ式がありますので、守備力の差の1/4がダメージ差になります。無法者とで21、騎神とでは35ダメージ変わってきます。

ここで少し視点を変えます。最近のドラクエ10では初心者と廃人とのステータス差が大きくなり、同じ職業でもHP400の人もいればHP500の人も混在する状況になってきています。昔は人によってそこまでHP差が大きくなかったので、敵(主にボス)の一撃できちんとHPを強化しないと瀕死になる攻撃力の調整がされていました。

ところが、HP差が大きくなりすぎたために、初心者に合わせた攻撃力では廃人にはぬるい攻撃になり、廃人に合わせると初心者には難易度が上がりすぎる状況になりました。そこで、最近の運営は攻撃力とHPのバランス調整を放棄して一撃で誰でもが即死するような技の連発に切り替えてきました。こうなってくるとステータスの守備力自体の価値が下がってしまって、安い装備と高い装備でも状況がそれほど変わらない状況となっています。

※昔から”守備力”は死にステータスでした。コロシアムや低レベル帯では機能しますが、それは装備の守備力がステータスに占める割合が多いためです。パッシブスキルなどでステータスが高い数値で平均化されるほど、装備の守備力へ対する影響が減ってきます。

ピラミッドのように複数の敵から攻撃される状況では守備力の差が顕著に響きますが、ボス単体戦などは守備力はほとんど意味のないステータスとなってしまいました。

装備は錬金を着るもの

一部の装備ではセット効果に魅力がありますが、ほとんどの装備の価値は錬金が占めるようになっています。そのため、退魔の封印や黄竜の魅了など一部の優秀なセット効果を持つ装備以外は、新しい装備が出てもそれほど買い替え需要がありません。※この一部の例外が重鎧のおもさや魔法使いの装備(攻撃魔力)です。これらは、高Lv装備ほどその職の特色に大きく影響するので、新装備の価値があります。

そのため、ユニクロ装備と呼ばれる『安くて装備できる職業が多い』装備のきじゅつシリーズや無法者シリーズの装備が重宝されている事実があります。これは、高Lv装備の非常に高い価格に見合うほどに装備の効果が釣り合っていないことの表れでもあります。

そして、このユニクロ装備を突き詰めると皮の装備シリーズが候補になってきます。皮シリーズはきじゅつや無法者よりも安くて装備できる職業も多いという点で、これら2つよりも優れています。もちろんステータス面では劣りますが、この差が顕著に出るようなバトルシステムになっていないので、皮装備でも十分戦えるということになります。

では、これらのユニクロ装備で例えば同じきじゅつ装備で選ぶポイントを考えます。部位によって変わってきますが、だいたいこんな感じが多いと思います。

  • 頭  HP、耐性
  • 体上 ブレス、耐性
  • 体下 耐性
  • うで MP消費なし、速度
  • 足  転び、踊り

ここで、注目したいのが”耐性”です。ボスによっていろんな妨害攻撃がありますので、相手によって装備を付け替える必要が出てきます。もちろん、無耐性で乗り込むのもありですがw

いくつかの耐性を付け替えようと思うと、同じ装備でも耐性ごとに何種類かもっておく必要が出てきます。特に、頭・体上・体下の組み合わせでいろいろな候補が出てきます。

ぼくの場合はこんな感じで用意することが多いです。

* 頭 1 HP
* 頭 2 封印100 マヒ40
* 体上1 ブレス30
* 体上2 呪い100 即死40
* 体下1 混乱100 マヒ60
* 体下2 封印100 眠り40

特に最近は頭2と体上2と体下1の組み合わせが多いです(ドレアム・ピラ8,9・災厄)。眠りが必要な時だけ体下2に交換(ピラ7)。100%に足りない部分は指輪でカバーします。

仮に、上のように頭・体上・体下に2種類ずつの装備を揃えたとすると単純に2倍の値段がかかるのと、装備枠も2倍になってしまいます。高Lv装備はめちゃくちゃ高いのと装備できる職が3職程度なので装備枠も圧迫します。

ところが、ここで皮装備です。皮装備だと安くて装備できる職が多いので、皮装備で耐性装備を揃えておくと安くていろんな職業で着回せてとてもすばらしいのです。

皮装備をどう入手するかが問題

ここまでで、賛同してくれた人は100人中15人くらいだと思いますが、どうやって入手するかを紹介しておきます。

バザー

バザーで入手するのが一番手軽で時間もかかりません。ぼったくられてると思っても、自分の欲しい耐性装備があれば購入をおすすめします。

ランプ錬金できるなら

ランプ錬金ができる人なら未練金品を買ってきて自分で錬金するのがおすすめ。皮装備の需要はアプデ時くらいしかないので、欲しい耐性装備があまり出回っていません。装備よりも素材の方が高くて躊躇しますが、皮シリーズライフを満喫するなら自分でランプ錬金するのが一番ベストです。

というか、ランプ錬金でないと自分の欲しい耐性装備が入手できる確率がぐっと下がってしまいます。

フレンドに依頼

フレンドに皮装備と素材を送り付けて錬金してもらいましょう。きっと奇特な目で見てもらえますw 皮のぼうし3,000Gに錬金代が4万G以上(封印60+封印40+マヒ40のランプ代)という愉快な錬金になります。5セットくらい用意しておけば1つくらいは成功品が作れると思います。

さいほうから作る

暇な人ならさいほうから作るのもおすすめです。ぼくの場合はこのプランで、さいほう→ランプで自作します。

まず、皮装備は必要な素材が破格の安さです。

  • けものの皮 120G
  • 麻の糸 60G

素材屋で買えるので常に安く購入できます。

そして、使う針は

  • プラチナ裁縫針の☆1

「えっ?!」

と思った方は正常なさいほう職人です。普通なら銀の裁縫針くらいが妥当ですが、ぼくはプラチナを使います。その理由はこちらの動画

ひたすら「ぬいパワーシフト」して「会心×2」が出るまで待ちます。あとはすべて「ねらいぬい」。なので、プラチナ針で集中力upとねらいぬいの会心率を上げて☆3率を上げています。プラチナ針でも6,000Gくらいなので、1針あたり200~300Gで縫える計算です。

皮装備の相場は☆なしでも600Gくらいなので、失敗してもほとんど損しません(うでだけ200Gくらい)。☆3になると3,000Gくらいになるので、これだけでもちょっとした金策にもなります。体上だけはこの戦略が使えないので、まじめに縫う形ですが、

1点注意なのは、皮シリーズは他の装備と比べて☆3の判定誤差が異なっています。

  • 頭・足 1
  • 腕・体下 3
  • 体上 6

ぼくの場合の☆3率はこんな感じです。

  • 頭・足 70~80%
  • 腕・体下 40~50%
  • 体上 20~30%

そして、☆なし~☆2はバザーで売ってしまえばいいので、できた☆3だけランプ錬金することになります。

おわりに

これだけ皮シリーズを推薦したので、これを装備して何か攻略をしてみたいと思います。

(8/1追記)

皮シリーズ装備で達人クエストのドラゴンガイア強攻略しました。