あっかぎのページ

サイトのお引越し完了しました

先日、Webサイトのお引越しの話をしました。実は「すでにこのサイトはお引越し済のサイトになっています」というお話し。

以前の旧サイトと今を比べるとこんな感じになっています。

URL プラン
http://akkagi.boo.jp ロリポップのロリポプラン(250円/月)
http://akkagi.moo.jp ロリポップのコロリポプラン(100円/月)

旧サイトは5月中旬までの契約なので、それ以降は停止される予定です。

ここで二つのサーバーとURLが違うのに今までと同じようにアクセスできるカラクリがあります。

ドメイン

その秘密がドメインです。

ドメインを取得してそのドメインを任意のURLに関連付けることで、別のサーバーにデータがあっても見かけ上は同じようにアクセスできます。こんなイメージです。

20150410_2
(クリックで拡大)

この図でサーバーA,Bを管理していて各々のURLは次の通りになっているとします。

  • サーバーA => URL http://xxx.com
  • サーバーB => URL http://yyy.com

この時、ドメインを取得せずに運用する場合はhttp://xxx.comにアクセスすることでサーバーAのデータを取得できます。同じようにhttp://yyy.comでサーバーBのデータを取得することができます。

これはこれで問題ないのですが、http://abc.comというドメインを新規で取得したとします。これをサーバーAのhttp://xxx.comに関連付けをすると、http://abc.comにアクセスすることでサーバーAのデータを取得することができます。もちろん、もともとのhttp://xxx.comでもアクセスできます。

今度はこのhttp://abc.comをサーバーBに関連付けすることで、http://abc.comへアクセスするとサーバーBのデータを取得することができます。

このように、ドメインをうまく関連付けることでサーバーのデータを切り替えることが可能になります。この仕組みを利用することでサーバーの引越しやサーバーのメンテナンス中でも別のサーバーへの切り替えによって途切れることなく運用ができるようになります。

また別の観点から、ドメイン取得時には自分の好きな名前を取得できますので(すでに取得されていなければ)、お店や内容に沿ったドメインや覚えやすいドメインを付けることができるのもメリットのひとつですね。

今回のぼくのWebサイトの引越しは先ほどの図でいうところの次に相当する対応をしました。

  • サーバーA : ロリポップ ロリポプラン
  • サーバーB : ロリポップ コロリポプラン
  • ドメイン : http://akkagi.info

複数ドメイン

さらに、複数のドメインを取得することで応用もできます。

例えばサーバーAにhttp://xxx.com/car/というcarというフォルダ(別コンテンツ)があったとします。通常はhttp://xxx.com/car/としてアクセスするのですが、これを新しくhttp://car.com/というドメインを取得できたとします。

http://xxx.com/car/ => http://car.com/

この新しく取得したhttp://car.com/というドメインと関連付けることで、http://xxx.com/car/へ新しいドメインでアクセスすることが可能になります。

この利点は何かというと、1つのサーバー上で複数の別サイトを扱うように見せることが可能になる点です。

例えば、自分のブログサイトとは別に車情報のサイトを持っているとします。何もしなければこんな感じのアドレスになるのではないでしょうか。

  • http://xxx.com/myblog/
  • http://xxx.com/car/

別にこのままでも問題はないのですが、例えばSEOを考えたり将来的なサイトの展開や引越し(スケールアップ)を考える場合は、次のように別々のドメインを取得することでメリットが発生します。

  • http://myblog.com/
  • http://car.com/

別ドメインのメリット

  • 独立したWebサイトとして扱える(SEOも)
  • サイトの引越しがやりやすい
  • サイトに適した名前をつけられる

特にSEOにおけるメリットがあります。(逆にデメリットもあります)

以下、SEOの話が少し続きますので興味のない方はとばしてください。

Googleを代表する検索エンジンはURLをひとつのIDとして管理します。特にhttp://xxx.com/の”xxx.com”の最初のスラッシュまでをツリーの一番最初の出発点として考えています。

http://xxx.com/
- index.html
- myblog/
- index.html
- page1.html
- page2.html
- car/
- index.html
- page1.html
- page2.html

例えば、http://xxx.com/が上のツリー状のサイト構成だったとします。

そうするとGoogleは各ページについて採点をします。

  • http://xxx.com/index.html => 10点
  • http://xxx.com/myblog/index.html => 20点
  • http://xxx.com/myblog/page1.html => 5点
  • http://xxx.com/myblog/page2.html => 10点
  • http://xxx.com/car/index.html => 10点
  • http://xxx.com/car/page1.html => 80点
  • http://xxx.com/car/page2.html => 30点

この時、http://xxx.com/car/page1.htmlが非常にすばらしい内容でGoogleが高評価したとします。すると、そのページだけでなくこれに連動してcar関連やmyblog、さらにはサイトそのものについても加点されます(例えばhttp://xxx.com/index.html 10点 => 15点)。点数が高くなるとGoogleで検索した時に上位に表示されやすくなるので、xxx.com全体の検索結果が上位に表示されやすくなります。

要するにサイト内に良質なコンテンツがあってその評価が高くなると、そのページだけでなくサイト全体の評価がupします。

ところが逆に、Googleからペナルティーを受けることもあります。例えば、サイトのパクリや悪意のあるサイトやエロサイトなどです。この場合は、ペナルティーのあるページに引きずられてサイト全体の点数が下がってしまいます。その結果、サイト全体(サイト個々含む)のコンテンツについても検索結果が大きく下がってしまいます。特にネットショップやアフィリエイトなどは検索結果の順位が売上を大きく左右するので、複数のコンテンツを同じドメインで管理することがすごいリスクになってきます。(というのも、Googleの評価指標は日々変化するので、今までよかったものがある時点で評価ダウンするして一気に検索順位が下がることもあるからです)

そのため、ドメインを複数に分けてコンテンツとドメインを整理して関連性のないサイト同士を切り分けることがリスク回避のひとつの方法になってきます。

この時に、ひとつのジャンルのコンテンツごとにサーバーを取得するのもひとつの方法ですが、複数のサーバー契約をする費用が負担になってきます。それを避けるために、ひとつのサーバー上でコンテンツごとにドメインを割り当てて、見かけ上は全く別の無関係なサイトとして運用することで費用メリットを出すことができます。

複数ドメインの取得による効果は一長一短ですが、特にドロップシッピングやアフィリエイトなどたくさんのサイトを運営管理する場合には必須の技術になるかと思います。

おわりに

ひとまずWebサイトのお引越しが完了しました。今回紹介したドメインを利用することで、サーバーの引越しやデータの切替えもうまくいくことが確認できました。(Google Analyticsのデータもほぼ連続したデータとなっています)

当初はドメインの契約更新をしないでおこうかと思っていましたが、この機会を利用していろいろと勉強も兼ねて実験できたのでよかったと思いました。

ドメイン取得自体は100円以下で可能なので、お試しで取得してみるのもいいかもしれません(更新は1,000円~の延長費用がかかります)。