あっかぎのページ

WordPressをインストールしたときのメモ@Raspberry Pi

Raspberry PiにWordPressをインストールしたおきのメモ。

手順

  1. パッケージのインストール
  2. Apacheの設定
  3. MySQLにデータベース追加
  4. WordPress関連

パッケージのインストール

  • Apache2とMySQL関連インストール
  • 高速化関連
$ sudo apt-get install apache2 mysql-server php5-mysql
$ sudo apt-get install php-apc php5-curl php5-gd

Apacheの設定

WordPressのパーマリンクのカスタマイズ対応

  • .htaccessの許可→/etc/apache2/sites-available/defaultを編集
  • mod_rewriteを組み込む
$ sudo vi /etc/apache2/sites-available/default

<Directory /var/www/>
    Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
    AllowOverride All # None -> All
    Order allow,deny
    allow from all
</Directory>

$ sudo a2enmod rewrite
$ sudo service apache2 restart

MySQLにデータベース追加

  • データベース名 hoge
  • ユーザー名 foo
  • パスワード password
$ mysql -u root -p

mysql>create database hoge;
mysql>grant all privileges on hoge.* to foo@localhost identified by 'password';
mysql>exit

WordPress関連

  • ファイルのダウンロード(最新版はこちらをご参照ください) → 最新版
  • ファイルの展開・所有権

※ユーザーpiはwww-dataグループに所属して編集できることを想定しています。

$ cd /var/www
$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.1.1-ja.tar.gz
$ tar zxvf wordpress-4.1.1-ja.tar.gz
$ sudo chown -R www-data.www-data wordpress
$ find wordpress -type d | sudo xargs chmod 775
$ find wordpress -type f | sudo xargs chmod 664
  • wp-config.phpの設定
$ cd /var/www/wordpress
$ cp wp-config-sample.php wp-config.php
$ vi wp-config.php

define('DB_NAME', 'hoge');
define('DB_USER', 'foo');
define('DB_PASSWORD', 'password');
define('DB_HOST', 'localhost');
...
$table_prefix  = 'bar_';

ブラウザでlocalhost/wordpressにアクセスすれば初期設定画面が出れば成功。

おわりに

もしもドロップシッピングのAPI取得の目途がたってきました。それをふまえてテスト用にRaspberry PiにWordPressをインストールしてショップページの練習とテストをしようと思っています。

Raspberry Piは速度的にWordPressはちょっと遅いですが、vi派の自分にとってはWindows(XAMPP)環境よりもやりやすかったりしています。より速度にこだわる人はApache2ではなくlighttpdなどの軽量なWebサーバーがいいかもしれないですね。

基礎からのWordPressでWordPressの勉強をしているのですが、どうやらこれの新刊が4月下旬に出るようですね。こちらのサイトが筆者(かわいい(^o^))のサイトですが、デザインとかWeb設定(html,css)の参考ページによく紹介されていますね。