あっかぎのページ

NISAしてます

NISAしてます。

参考:ニーサとは?

NISAがはじまって1年がたちますね。この1年は相場がよかったおかげかNISA枠は+12%の結果となっています。果たして今年はどうなるんでしょうね。「NISAって?」という方は最初の参考サイトやNISAでググってみてください。

とりあえず、NISAなんですが、

いい点

  • 100万円まで非課税

デメリット

  • 100万までの制限
  • 1口座しかもてない
  • 売り買いの度に枠が減る

NISAは「100万円まで非課税になる」という去年からできた新しい投資の仕組みです。普通は投資の利益や配当に20%の税金がかかるのに、NISA枠での投資は税金がかかりません。なので、投資をする方はこの仕組みを利用するとすごく有利です。ただ、デメリットにあるようにいくつか制約もあるのでNISA枠と普通の投資枠を分けて使うのが賢い使い方かなと思っています。

例えば、NISAに向いているのは長期投資や投資信託の積立などが向いていると思います。逆にデイトレードなどの売り買いが頻繁に発生する投資方法はすぐに限度額に達してしまうのでNISAの利点を生かせません。ぼくの場合は長期の分散型で投資信託がメインなのでNISA枠を利用しています。

投資のやり方は下で紹介した本を基本にやっています。その本の中にあるアセットアロケーションっていう投資の配分比率はこんな感じ。

分散枠 比率 リターン
日本株 20% 3%
日本債権 0% 0.5%
日本その他 10% 2%
外国株 40% 3%
外国債券 20% 1%
外国その他 10% 2%
合計 100% 2.4%

上の比率を投資信託の毎月積み立て方式で長期・分散投資するやり方です。この比率を決めることがリターン(利益)の大部分を決めるというのが投資の世界のセオリーのようですね。まだ若い?ので株の比率を多くとっているのと、外国の割合を多くしているのが特徴でしょうか。リターンのところはだいたいで入れています。この場合は2.4%程度の期待利回りですね。世界の経済成長率が2~3%程度なので、それに追随できればいいかなぁという感じです。

投資というとギャンブル的に思えますが、資本主義を考えた場合の主役は市場(お金)なのでうまく利用することがひとつの戦略だと考えています。機会があれば投資のお話も書いてみたいと思います。

投資の参考書籍