あっかぎのページ

サブディスプレイ その2

サブディスプレイ その2

前回のサブディスプレイ その1に続いて、今回はその2です。

その2ではiPadをサブディスプレイとして使ってみましょうというお話。

Splashtopというソフトを使ってiPadをサブディスプレイ化します。

やり方

  • iPad側:Splashtop Extended Wireless Display 2をインストール
  • PC側 :Splashtop Streamerをインストール
  • PC側 :Splashtop Streamerを起動
  • PC側 :Splashtop Streamerの設定でセキュリティーコードを作成(自分の任意の文字列)
  • iPad側:Splashtopを起動
  • iPad側:セキュリティーコードを入力

PC側とiPad側の解像度などの調整などありますが、これだけでiPadをサブディスプレイとして使えます。※3台目のディスプレイとしては使えませんでした。

Splashtopは無料版は1日に5分間だけ使える制約があります。まずは無料版で使えるかを試してみて、気に入れば有料版(500円)を購入すればいいと思います。iPad側で操作もできるのでリモコンとしても使えるかもしれません。個人的には外出先でのプレゼンやマルチ作業に便利じゃないかなと考えています。似たようなツールでiPhoneを使うこともできるので、そちらも使い方によってはいいかもしれませんね。

ということで、前回に続いてサブディスプレイの話題でした。PC作業が多い人には作業効率がかなり上がるので、サブディスプレイ(デュアルモニター)やマルチディスプレイ化はおすすめです!